ハロプロメンバーと競走馬の誕生日の考察。

1週間程前にぶち上げた実にクダラナイ企画ではありますが、本日ようやく第1回目を迎えることとなりました。何月のメンバーから始めようか悩みましたが、ここは1月からということで第1回の今日は1月19日、石川梨華さんの誕生日から見て行こうと思います。
そんな1月19日生まれの重賞勝ち馬は…

  • トキオワイルド(1994年生まれ、1999年京都JS(J・G3)勝ち)

この馬1頭ですね。う〜む、トキオワイルド…わからない(爆)。冠名が「トキオ」の馬で自分が1番好きだったのはトキオパーフェクトですね。短距離戦線で長い間活躍していたように思います。…って、これだけじゃ申し訳ないんで、そんな梨華ちゃんの誕生日に行われたレースで思い出深いものをピックアップしてみましょう。それは…こちら!

このレースはどの馬というよりはレースそのものが記憶に残っていますね。1番人気のブルーイレヴンが大暴走。鞍上の武豊騎手が抑えようにも抑えきれず、向こう正面では20馬身差以上の大逃げ。しかし、当然ながらブルーイレヴンは失速し、勝ったのはサイレンススズカの甥であるスズカドリームでした。この時のブルーイレヴンの600m〜1200mのラップが33.2秒。この脚を最後に使えてれば…というのが当時誰もが思ったことでしょう。梨華ちゃんの誕生日からはまだ大物の競走馬は出ていませんが、自分が思うに近い内に出て来てくれそうな気がしています。
明日は授業が午前中のみなので、午後はゆっくりとしていようと思います。