ブラジルGP決勝。

今年の締めくくりに相応しい好レースだったと思います。
まずは優勝したマッサ、今日は完璧。言う事ナシでしょう。セナ以来のブラジル母国WIN。ホントはバリチェロがもう少し早く達成してくれているはずだったんですが(笑)、まぁそれはともかくおめでたいコトです。 2位アロンソ。ワールドチャンピオン2連覇達成。やっぱりルノーはピットストップで順位上げるんですよね。今年終盤は勝てないレースが続きましたが、取れるポイントを確実に取りに行く走りは王者の走りでした。来季マクラーレンに移籍してどうなるか、注目です。 そして4位ミハエル。今回は予選からトラブル続き、決勝でも不運なパンク、時々起こるスローダウン等々苦しみましたが、その走りは最後まで王者らしい走りでした。ミハエルの走りを見て凄い!と思ったコトは幾度もあれど、“感動”したのは初めてだったかもしれません。良くも悪くもセナ以降のF1界を長い間支えた最強王者。タイトルは逃しましたが、最後まで立派だったと思います。長い間お疲れ様でした。 驚いたのは琢磨。ミッドランドやトロロッソを従えて10位完走という今季ベストリザルトを最終戦で叩き出しました。しかもレース中のラップタイムが冗談じゃなく、トップチームとそん色ないもの。左近も終盤までミッドランドと競っていましたし、最後の最後でSUPER AGURIは“戦える”チームになっていました。2年目の来年は今年以上を求めたいです。
これで今年のF1も終了。来季は新ドライバーも続々登場するようですし、正にF1新時代を迎えます。来年の開幕まで楽しみに待ちたいと思います。