オーストラリアGP予選(追記)。

夜中まで起きて地上波放送を見ました。ポールポジション獲得はライコネン。前評判通りフェラーリは速いですね。しかし、Q2でマッサにまさかのトラブルが出てマッサは16位。マクラーレン勢もアロンソ2位、新人のハミルトン4位と好位置。ルノーフィジケラ6位、新人コバライネンは13位。但し、フィジケラは燃料搭載やや多め? さらにBMW勢が好調、と言うか速い。昨年大躍進でしたが、今年はトップチームの仲間入りあるかも?
そして、何と言ってもSUPER AGURI佐藤琢磨・デビッドソン共にQ1を突破。昨年1回も突破できなかったこの壁をアッサリ破ると、Q2でも琢磨が10位に残りQ3進出! 前述のマッサのトラブルがあったからというのはありますが、それにしても昨年のチーム状況を考えるとただただ脱帽。デビッドソンも11位ですしね。むしろ地球カラーの本家ホンダの方が苦しい状況(バトン14位、バリチェロ17位)ですし…。
しかし、これで決勝が色んな意味で楽しみ。新時代のF1、存分に楽しめそうです。

F1予選の結果はまだ知りません。明日はハロモニ〜F1〜競馬の流れ。日記もその3つの話題になるかと思います。